冷水有料道路 うぐいすロード

※平成28年5月15日から無料開放しました。
 無料開放後は、福岡県に管理が替わりました。
 冷水有料道路は、飯塚市内野と筑紫野市境にある冷水峠が冬期の積雪や凍結によりしばしば通行止めになるため、そのバイパスとして建設しました。
 冷水峠には春はうぐいすの鳴き声が澄みきった山あいの空にこだまします。その鳴き声で心も和らぎ、ドライバーたちに安全で快適に走れると親しまれています。
 この有料道路の開通によって安全の確保と大幅な時間短縮が実現し、産業経済道路として重要な役割を果たしています。
 冷水トンネルの管理には遠方監視制御システムを導入。コントロールセンターでは、24時間トンネル内外の状況を把握し、利用者の安全を守っています。また、トンネル内の換気設備として、縦流式換気方式を採用し、効果的な換気を行っています。
 トンネル内ではAMラジオを通じて、ドライバーの皆さんにトンネル内および周辺の道路状況や、緊急連絡をお知らせしています。

(注)自転車、50cc以下の原動機付自転車及び歩行者は通行できません。

路線図



概要

路線名 一般国道200号
区間 飯塚市内野から筑紫野市大字山家まで
道路延長 5.9km(うちトンネル延長2,891m)
道路の区分 第3種第2級
道路の幅員 9.0m(2車線)
設計速度 60km/h

このページの情報を印刷する場合は、下のボタンをクリックして下さい。